NTTドコモ(9437)のTOBに参加!りーえるさんの参加状況と手続き状況は…10月8日まで

スポンサーリンク Amazon(アマゾン)

巷で噂になっていそうであまりなっていないNTTドコモ(9437)TOBに参加することにしました。

TOB祭りじゃーということで、
NTTドコモ(9437)TOBの、りーえるさんの参加状況と手続き状況を報告します。

りーえるさんのTOB参戦!NTTドコモ(9437)TOB編~サヤ取り!

NTTドコモ(9437)TOB りーえるさんの参加状況と手続き状況

NTTドコモ(9437)TOBの概要

TOBとは、株式公開買付(Take Over Bid)の略称だそうです。

NTTドコモ(9437)TOBの概要についてはこちらです。

対象銘柄  :NTTドコモ(9437)
公開買付者 :日本電信電話
公開買付期間:2020年9月30日~2020年11月16日16時まで
買付予定数 :1,090,896,056株
※応募株券等の総数が買付予定数の下限14,686,300株以上の場合は、応募株券等の全部の買付け等を行うが、当該応募株券等の総数が買付予定数の下限14,686,300株に満たない場合には応募株券等の全部の買付け等を行わない。

公開買付価格 :普通株式1株につき金3,900円
公開買付代理人:三菱UFJモルガン・スタンレー証券
決済日    :2020年11月24日

NTTドコモ(9437)TOBの参加状況

IPOもなかなか当選しないだろうし、10月11月と株主優待権利銘柄が少ない時期なので資金は余っていそうなので活用しようということと、

今回のNTTドコモ(9437)の公開買付は、買付予定数の下限を超える場合1株3,900円で応募株券等の全部の買付け等を行うということ。そして、買付予定数下限の設定は低めで下限を下回る可能性は低いということなので、リスクは低そうなのでNTTドコモ(9437)TOBに参戦することにしました。

TOBとかまったく詳しくないのですが、
マネックス証券さんのマネクリのコラムで、NTTドコモ(9437)TOBのサヤ取りついて書かれていたので、参加方法などその通りに参戦することにしました。
マネックス証券さんのマネクリのコラムは→こちら←です。

スポンサーリンク

利回り約0.5%なので、微妙な株主優待を取得するよりは良いですよね。まあ何があるかはわからないのでリスクはゼロではないですが。

ちなみに、参戦前はNTTドコモ(9437)の株はまったく保有していませんでした。
そのかわりNTT(9432)は保有していますが、絶賛含み損中です…。含み損分を取り返すぞー!

ということで、
▼りーえるさんのNTTドコモ(9437)TOBの参戦状況はこちらです。

GMOクリック証券さんで、10月8日に株価3,876円で3,000株を現物買付しました。

一気にこんなに買付してしまった…。楽天証券の手数料大口取引条件の仕込みの注文するときは凄い緊張するのに、今回は特に緊張はなしでした。不思議です。

買付手数料は1約定ごとプランで税込917円掛かりますが、GMOインターネット(7177)またはGMOアドパートナーズ(4784)の株主優待権利を取得しているので、GMOクリック証券の対象取引の取引手数料キャッシュバックが後日適応され還付される予定なので、実質0円です。

はじめは、100万円または50万円まで現物手数料無料の設定のある、SBI証券、楽天証券、松井証券、岡三オンライン証券で、現物買付100株づつ積み上げて行こうかなとおもいましたが、面倒くさいので止めました。

というか、ある方からコメントを頂きまして気付きましたが、手数料無料にするにはSBI証券の日計り信用か楽天証券の1日信用で100万円以上で信用買いから現引きすれば手数料と金利もかからないでできましたね。
勝手な思い込みで現物で建てないとと思い込んでいました…。慣れないことしたので全く頭が働いていないようです。コメントありがとうございました!

何はともあれ、
買付終了~!あとは、手続きだけです。

スポンサーリンク

NTTドコモ(9437)TOBの手続き状況

株式移管出庫の手続き状況

りーえるさんは、GMOクリック証券で買付しているので、GMOクリック証券の株式移管出庫の手続きはネットからできるので、買付決済期間後の来週に移管の手続きをしたいと思います。GMOクリック証券の場合だと移管は2週間程度かかるようです。

一応、欲が出て何かするかもしれないので、移管出庫の手続きに書類が必要なSBI証券、松井証券、岡三オンライン証券で、株式振替の手続き書類を申込しています。楽天証券はネットから移管出庫の手続きができます。

移管の手続きについてはとりあえず、ここまで。

ちなみに、GMOクリック証券、SBI証券、松井証券、岡三オンライン証券、楽天証券からの移管出庫については手数料は基本的には無料となっています。
三菱UFJMS証券の移管入庫の手数料も基本的には無料となっています。

スポンサーリンク

公開買付応募の手続き状況

次に、公開買付代理人で移管先の三菱UFJモルガン・スタンレー証券ですが、まずは前から開設済なので、公開買付説明書・公開買付応募申込書を請求するために、TOBお問合わせダイヤルに電話して申込書請求をしました。移管に必要な加入者口座コードも教えてくれました。

電話は混雑していると書いてありましたが、すんなり繋がりました。不備などがあると時間がかかるのでなるべく早めに手続きして下さいと言っていました。

移管の手続きについてはとりあえず、ここまで。

公開買付応募の手続きの詳しい内容は、三菱UFJMS証券のホームページに掲載されています。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のホームページの該当ページは→こちら←です。


ちなみに、復代理人にauカブコム証券は指定されていないので、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で手続きが必要なようです。

現物買付は終わったので、いつまでに買付するとかを気にしなくていいのです。あとは手続きだけなので、とりあえず、公開買付応募の書類が届くのと移管が完了するを待ちたいと思います。

【追記】
▼公開買付応募の書類が到着しました!!その後の状況はこちらです。

ついでに、りーえるさんの
▼最新の10月の株主優待権利取得状況はこちらです。

それと、りーえるさんの
▼最新の11月の株主優待権利取得状況はこちらです。

更に、りーえるさんの
▼最新の12月の株主優待権利取得状況はこちらです。


以上、NTTドコモ(9437)TOB!りーえるさんの参加状況と手続き状況の報告でした。

▼Twitterもやっているので、もしよろしければフォロー下さい▼・ω・▼

その他運用等
スポンサーリンク

スポンサーリンク
▼シェア推奨しています(・ω・)ノポチっとな
▼こちらからフォローして下さると、りーえるさんが喜びます(・ω・)
りーえるさんの株主優待生活ブログ

タイトルとURLをコピーしました